• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[連語]《副助詞「すら」+助詞「を」》
  1. …でも。…なのに。

    1. 「にきびにし我が家―草枕旅寝のごとく思ふ空苦しきものを」〈・三二七二〉

  1. (打消しの語を伴って)…さえも。

    1. 「春雨の止まず降る降る我 (あ) が恋ふる人の目―相見せなくに」〈・一九三二〉

[補説]「を」は格助詞とも間投助詞ともいう。