• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 慣用句のこと。「顔が広い」「足を洗う」など。

  1. 古くから広く世間で習慣的に用いられるひとまとまりの言葉。「猿も木から落ちる」「時は金 (かね) なり」などのことわざ格言の類。成語。

音色によって分けた人声の区分。通常、低・中・高の三つの声区に分け、それぞれ胸声・中声・頭声とよぶ。

  1. 神聖な言葉。

  1. 聖書の中の言葉。