《「せっく」の促音の無表記》「せちく(節供)」に同じ。

「五月五日になりて、―などいと清 (けう) らに調 (てう) じて」〈宇津保・忠こそ〉

[動カ五(四)]《「塞く」と同語源》せきをする。せき払いをする。しわぶく。 冬》

[動カ五(四)]

  1. 早くしなければ、とあせる。あせっていらだつ。また、あわてる。「気ばかり―・く」

  1. 呼吸が激しくなる。「息が―・いて苦しい」

  1. せきたてる。急がせる。

    1. 「何ものかに『今だぞ』と―・かれている気もちだった」〈芥川・玄鶴山房〉

  1. 怒り・悲しみ・嫉妬 (しっと) などで、心が激しく動く。

    1. 「腹立て顔して言ふが、男に―・いた風を見すべき女郎の計略なり」〈浮・禁短気・五〉

    2. 急 (いそ) ぐ[用法]

[動カ五(四)]

  1. 流れなどをさえぎってとめる。せきとめる。「小川の水を―・く」

  1. 物事の進行や人の行動を妨げる。特に、男女の仲を妨げる。

    1. 「叔母がお勢と文三との間を―・くような容子が徐々 (そろそろ) 見え出した」〈二葉亭浮雲

  1. 涙をこらえる。

    1. 「涙ばかり、のどめがたきに―・かれ侍る程なさも心憂く」〈夜の寝覚・三〉

出典:青空文庫