酒席で、気ままに酒が飲めるように杯や銚子をいくつも出すこと。また、その杯や銚子。〈日葡

世間の俗事や習慣。世間の事情。せいこ。「世故に暗い」

  1. 女性が男性を親しんでいう語。

    1. ㋐夫や恋人をさす語。

      「我が―にまたは逢はじかと思へばか今朝の別れのすべなかりつる」〈・五四〇〉

    2. ㋑兄弟姉妹の間で兄または弟をさす語。

      「我が―を大和へ遣るとさ夜ふけて暁 (あかとき) 露に我が立ち濡れし」〈・一〇五〉

  1. 男どうしが互いに親しんでよぶ語。

    1. 「我 (あれ) なしとなわび我が―ほととぎす鳴かむ五月 (さつき) は玉を貫 (ぬ) かさね」〈・三九九七〉

《「せご」とも》狩猟の場で、鳥獣を追い出したり、他へ逃げるのを防いだりする役目の人。狩子 (かりこ) 。

出典:青空文庫