夕日の光。夕陽。いりひ。

  1. 石の土台。いしずえ。

  1. 火成岩にみられる、斑晶を取り囲んでいる細粒の結晶ガラス質の部分。マグマが地表や地表近くで急激に冷えた際にできる。

石でつくられた器具。特に、石器時代の遺物をさす。打製石器磨製石器に大別され、石鏃 (せきぞく) 石斧 (せきふ) 石皿石棒などがある。

赤い色の雲気。また、彗星 (すいせい) のこと。

「彗星東方にいづ。蚩尤気 (しゆうき) とも申す。又―とも申す」〈平家・三〉

あかはた(赤旗)1」に同じ。

焼き物の分類の一。素地 (きじ) が固く焼き締まった焼き物で、非透光性である点で磁器と区別し、気孔性のない点で陶器と区別する。茶器などのほか、土管・火鉢などの大形物に用いる。

人や物などを滅ぼす幽鬼。悪鬼。羅刹 (らせつ) 。

「無常の―をば、暫時も戦ひ返さず」〈平家・六〉

雪のように白くきれいな肌。また、そのような肌の人。雪膚 (せっぷ) 。

《季節の終わりの意から》

  1. 年末。歳末。 冬》

  1. 盆や年末、または節句前の、掛け売買決算期

積もり重なったそしり。多くの讒言 (ざんげん) 。

便器。おかわ。おまる。

出典:青空文庫