4が原義》

  1. 学問や技術・芸能を教える人。特に、学校の教師。また、自分が教えを受けている人。師。師匠。「国語の先生」「ピアノの先生」

  1. 教師・師匠・医師・代議士など学識のある人や指導的立場にある人を敬っていう語。呼びかけるときなどに代名詞的に、また人名に付けて敬称としても用いる。「先生がたにお集まりいただく」「先生、お元気ですか」「鈴木先生」

  1. 親しみやからかいの意を含めて他人をよぶこと。

    1. 「ははあ―今日は宅 (うち) に居るな」〈漱石・彼岸過迄〉

  1. 自分より先に生まれた人。年長者。

    1. 「年の賀も祝はれず、―にはあるまじきことなり」〈鶉衣・戯八亀〉

[補説]作品名別項。→せんせい
[名](スル)先手をとること。機先を制すること。「二点を先取し、まず先制する」「先制攻撃」

昔の聖人。先代の聖人。特に、代以後は儒教を重んじたところから、孔子のこと。

[名](スル)
  1. 多くの人の前で誓いの言葉を述べること。また、その言葉。「選手を代表して宣誓する」

  1. 公務員が服務にあたって、憲法法令を遵守し、職務を忠実公正に執行することを誓うこと。

  1. 訴訟法上、証人鑑定人・通訳などが良心に従って真実を述べ、また誠実に鑑定・通訳することを誓うこと。虚偽の陳述・鑑定・通訳をすると偽証罪などが成立する。

  1. 上に立つ人が独断で思うままに事を処理すること。

    1. 「国是を討論して以て政府の―を防止す」〈津田真道明六雑誌一二〉

  1. 専制政治」「専制政体」の略。

  1. 独断で政治を行うこと。

  1. 専制政治」に同じ。

中国中部の省。省都、西安戦国時代の地。東は黄河に接し、北には万里の長城、南には秦嶺山脈があり、西には黄土高原。渭水 (いすい) 盆地では小麦・綿の栽培が盛ん。北部には中国革命の中心地、延安がある。関中。シァンシー。

対立形質で雑種第一代に発現しないほう。劣性。⇔顕性 (けんせい) 

内にあって外に現れない勢力。

セミの鳴き声。

[名・形動]

  1. 精神を集中すること。また、そのさま。

    1. 「何ほど―に心を用うとも」〈中村訳・西国立志編

  1. 物事に非常に詳しいこと。また、そのさま。

    1. 「諸術に―なること」〈蘭学階梯

歌謡曲。歌手、森昌子のデビュー曲。昭和47年(1972)発表。阿久悠作詞、遠藤実作曲。第14回日本レコード大賞新人賞、第3回日本歌謡大賞放送音楽新人賞受賞。

出典:青空文庫