《「そうが」とも》「宴曲 (えんきょく) 」に同じ。

そうけ(宗家)」に同じ。

「―の隆替は只此一挙にある事ゆえ」〈染崎延房・近世紀聞〉

埼玉県南東部の市。江戸時代は奥州街道の宿場町。草加せんべいが名物。東京に隣接し、都市化が進む。人口24.4万(2010)。

くさばな。

「此の萩―にあらず木なり」〈浄・先代萩

  1. 花を髪などに挿すこと。

  1. 花を生けること。生け花。

1本の花軸の上に多数の花がつき、結実して多肉・多漿 (たしょう) の果実の集まりになったもの。桑 (くわ) ・パイナップルなど。肉質集合果。

まどのした。まどのそば。

「―に万巻の書を積み」〈織田訳・花柳春話

不幸のあった家。喪中 (もちゅう) の家。

果皮が堅い膜質で、熟すと乾燥し、一室に1個の種子をもつもの。萼筒 (がくとう) または花軸の一部が果実の一部を構成する。タンポポキンポウゲなど。

死者をとむらうために歌われたり、演奏されたりする楽曲。葬送曲。

  1. 電話回線で、通信電流の減衰を防ぐために、回線路の一定間隔ごとにコイル直列に挿入すること。「―ケーブル」

  1. 原子炉に燃料を入れること。

  1. ネギの花。

  1. 葱花輦 (そうかれん) 」の略。

江戸時代、上方 (かみがた) で、街頭に立って客を引く最下級の売春婦。そうよめ。

出典:青空文庫