• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[形シク]《「寂々」または「索々」の字音を形容詞化した「さくさくし」の音変化という》あるべきものがなくて心が満たされない。もの足りない。さびしい感じである。
  • 「男君のおはせずなどして―・しき夕暮れなどばかりぞ」〈・若紫〉