• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「そじん」とも》神として祭る祖先。祖先である神。特に、皇室の祖先である天照大神

前々からもっている考え。素志。

[名](スル)信頼をおくこと。信頼すること。主に裁判の中で用いられる。「弁護人の主張はにわかには措信しがたい」