1. 手を加えない、もともとの性質。きじ。したじ。

  1. 何かをするときの基礎土台。「—があるのでのみこみが早い」

詩歌や文章などの、言葉の使い方や辞句の配置のしかた。「巧みな—」「—を練る」

中国古代の文学作品集。戦国時代の楚の屈原作品と、その作風にならった宋玉や後人の作品を集めた書。現行本は、漢の劉向 (りゅうきょう) の編んだ16巻に、後漢の王逸が自作の1巻を加えたもので、17巻。「離騒」「九歌」「天問」などを収める。

語素《古くは「そち」》10年を単位として、年齢を数えるのに用いる。「三 (み) —」
  • 「七 (なな) —、八 (や) —は海にあるものなりけり」〈土佐

粗末な言葉の意》自分の話す祝辞謝辞などをへりくだっていう語。「—ではございますが、お祝いを申し上げます」

sexual orientation, gender identity性的指向性自認

出典:青空文庫

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

検索ランキング

2023年6月