• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[副]少しも。ちっとも。あとに打消しの語を伴って用いる。
  • 「―苦しうござりませぬ」〈咄・鹿の子餅