• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

石の多い、やせた土地。

「浅茅 (あさぢ) 原小 (を) ―を過ぎ」〈顕宗紀・歌謡〉

[連語]《終助詞「そ」+終助詞「ね」。上代語》「な…そね」の形で用いられる。…(し)てくれるなよ。
  • 「今替る新防人 (にひさきもり) が舟出する海原 (うなはら) の上に波な咲き―」〈・四三三五〉