律令制後宮十二司の一。神璽 (しんじ) 三関 (さんかん) の割符、天皇・皇后の衣服などをつかさどった役所。くらづかさ。

  1. 宮中や官庁内に設けられた女官・官吏などの部屋。

    1. 「更衣の―を、ほかに移させ給ひて」〈・桐壺〉

  1. 貴族の邸内に部屋を与えられて仕えること。また、その人。

    1. 「殿の内に年ごろ―して候ひつる人々」〈栄花・浦々の別〉

  1. 貴族の邸内に設けられた、子弟の部屋。また、そこにすむ子弟。→御曹司 (おんぞうし) 

  1. 平安時代の大学寮内の部屋。東曹と西曹とに分かれる。

[名](スル)資本金を増加すること。「事業拡張に伴って増資する」⇔減資
  1. 平安時代以後、宮中に仕え、雑役や、行幸行啓の供などをした下級の女官。雑仕女 (ぞうしめ) 。

  1. 女院摂関家その他貴人の邸 (やしき) で雑役に従事した女性。雑仕女。

  1. 鎌倉・室町幕府で、雑役に従事した下級女官。雑仕女。

[名](スル)諡 (おくりな) をおくること。また、その諡。