• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

」の濁音。歯茎の有声破擦子音[dz]と母音[o]とから成る音節。[dzo]

[補説]清音「そ」に対する濁音としては、本来、歯茎の有声摩擦子音[z]と母音[o]とから成る音節[zo]が相当するが、現代共通語では一般に[dzo]と発音する。しかし、[zo]とも発音し、両者は音韻としては区別されない。古くは[ʒo](あるいは[dʒo][dzo])であったかともいわれる。室町時代末には[zo]と発音され、近世江戸語以降[dzo]と発音された。
[副助]
  1. 疑問を表す語に付いて、不定の意を表す。「どこぞで休んでいくか」

    1. 「誰―合力ニ雇ワウ」〈天草本伊曽保・狼と狐〉

  1. 「よく」「つい」などの副詞に付いて、上の語を強調する意を表す。「よくぞがまんしてくれた」「ついぞ見たことがない」

[係助]名詞、活用語の連用形・連体形、副助詞などに付く。
  1. 「ぞ」の付いた語・句を特に強く示す意を表す。

    1. 「梅の花折りかざしつつ諸人 (もろひと) の遊ぶを見れば都し―思 (も) ふ」〈・八四三〉

  1. 上代、活用語の已然形に直接付き、中古以降は、その下に接続助詞「ば」を伴ったものに付いて、理由・原因を強調して示す意を表す。…からこそ。…からか。

    1. 「我 (あ) が待ちし秋は来たりぬ妹 (いも) と我 (あれ) と何事あれ―ひも解かずあらむ」〈・二〇三六〉

    2. 「いにしへも今も心のなければ―憂きをも知らで年をのみふる」〈後撰・恋六〉
  1. 文末用法。

    1. ㋐相手に告げ知らせる意を込めて強く断定する意を表す。…だ。…のだ。…であるぞ。

      「ああしやごしや此 (こ) は嘲咲 (あざわら) ふ―」〈・中・歌謡〉

    2. 「この返事はあるべき―」〈平家・四〉
    3. ㋑疑問の語とともに用いて、問いただす意を表す。→とぞもぞ

      「ナゼニヲヌシワ何ヲモ知ラヌト言ウ―」〈天草本伊曽保・イソポが生涯〉

[終助]名詞、活用語の終止形、断定の助動詞「じゃ」「だ」などに付く。
  1. 自分の判断・決意を自分に言い聞かせ、念を押す意を表す。「これは弱ったぞ」「うまくいったぞ」

  1. 自分の考えを強く主張し、念を押す意を表す。「そうはさせないぞ」「努力が肝心だぞ」

  1. 推量の助動詞「う」「よう」、または名詞に付き、疑問の語と呼応して、反語・強調の意を表す。「そんな案をどうして承認できようぞ」「国民の声を聞かずしてなんの政治家ぞ」

[補説]「ぞ」は本来、清音「そ」であったといわれ、上代から中古にかけて濁音化したという。係助詞「ぞ」が文中にある場合、「ぞ」を受ける文末の活用語は、原則として連体形で終わる(係り結びの法則)が、中世以降、その法則が衰え、となった。また、3の用法からが生じた。は近世以降の用法。なお、係助詞「ぞ」は、係助詞「こそ」よりは弱く、係助詞「なむ」よりは強く指示する意をもつといわれる。