1. 大きな作用。大事な働き。

  1. 大きな効用・効果。

    1. 「いよいよ道をあがめて、年来の功を積むを、能を智 (し) る―とするなり」〈花鏡

大きい海。広い海。大海。太平洋大西洋インド洋を三大洋、北極海南極海を加えて五大洋という。

  1. 大切なところ。大事な点。

  1. 大体のところ。あらまし。概要。「法案の大要について説明する」「首相発言は大要左のとおりである」

  1. 太陽系の中心にある恒星地球からの距離は約1.5億キロ。直接見える部分を光球といい、外側には彩層コロナがある。光球の半径は地球の109倍、質量は33万倍、平均密度は1.4。表面温度はセ氏約6000度。恒星としては大きさも明るさもふつうの星で、エネルギーは中心における水素核融合反応によってまかなわれている。地球上の万物を育てる光と熱の源 (みなもと) となっている。

  1. 物事の中心となるもの、人に希望を与えるもの、輝かしいものなどのたとえ。「心の太陽」

[補説]雑誌「太陽」、人工衛星「たいよう」は別項。

総合雑誌。明治28年(1895)創刊、昭和3年(1928)廃刊。博文館発行。高山樗牛 (たかやまちょぎゅう) 大町桂月上田敏らの論説・文芸時評・人物評論・小説などを掲載。

  1. 文法で、体言用言

  1. たいゆう(体用)

使用に耐えること。機械などの、期間や回数についていう。「耐用限度」

物事のありさま。状態。ようす。「都市生活の―を写す」

[名・形動](スル)
  1. 君命にこたえて、その主旨を広く世の中に示しあらわすこと。

    1. 「朝旨に―し開化富強の基本を建んとす」〈新聞雑誌四五〉

  1. つりあっていること。また、そのものや、そういうさま。匹敵。対等。

    1. 「味方と敵と―すべきほどの勢にてだに候はば」〈太平記・八〉

    2. 「―ナ相手」〈日葡
  1. 相対すること。

    1. 「何ともなき取集勢を―して合戦をせば」〈太平記・二二〉

  1. 仏語。

    1. ㋐仏の説法に対して問答し、仏意を正しく理解すること。

    2. ㋑法会で散華 (さんげ) の式のとき、仏法・世法の常住・安穏を願う偈 (げ) を唱えること。また、その偈文や僧。

昭和50年(1975)2月に打ち上げられた科学衛星SRATS (スラッツ) の愛称。東京大学宇宙航空研究所(後の宇宙科学研究所、現JAXA (ジャクサ) )が開発。太陽活動の静穏期における超高層大気(主に熱圏)のプラズマ観測を数年にわたって続けた。また太陽のX線、紫外線放射の観測も行った。昭和55年(1980)6月に運用終了。