《「直 (ただ) 」と同語源》

[名]
  1. 取り立てて値打ちや意味がないこと。普通。「―の人」「―のからだではない」

  1. 何事もなく、そのままであること。無事。「見つかったら―では済まない」

  1. (只)代金のいらないこと。また、報酬のないこと。無料。「―でくれる」「―で働く」

[形動ナリ]
  1. ありきたり。また、ありのまま。

    1. 「―なる絹綾など取り具し給ふ」〈・宿木〉

  1. 何事もないさま。

    1. 「朝露のおくる思ひに比ぶれば―に帰らむ宵はまされり」〈和泉式部日記

[補説]3は「只」の字を「ロ」と「ハ」とに分け、俗に「ろは」という。
[名・形動ナリ]
  1. 曲がっていないこと。また、そのさま。まっすぐ。

    1. 「春霞井の上 (へ) ゆ―に道はあれど」〈・一二五六〉

  1. 隔てるもののないこと。また、そのさま。直接。じか。

    1. 「―に逢 (あ) はば逢ひかつましじ石川に」〈・二二五〉

  1. 時間を置かないこと。また、そのさま。すぐ。

    1. 「今宵は―に臥し給へれ」〈落窪・二〉

[副]
  1. まっすぐに。

    1. 「磐城山―越え来ませ磯崎の」〈・三一九五〉

  1. 直接に。じかに。

    1. 「―今日も君には逢はめど人言を繁み逢はずて恋ひ渡るかも」〈・二九二三〉

  1. よく似ているさま。さながら。まるで。

    1. 「御髪 (みぐし) のかかりたるさま…―かの対の姫君にたがふ所なし」〈・賢木〉

《「直 (ただ) 」と同語源》

[副]
  1. そのことだけをするさま。それよりほかにないと限定するさま。ひたすら。もっぱら。「―時間ばかりかかる」「―無事だけを祈る」

  1. 数量・程度などがごく少ないさま。わずかに。たった。「正解は―の三人だった」「―一度しか休まない」

  1. (「ただ」+動詞の連用形+「に」+動詞の形で)そのことだけが行われるさま。ひたすら。「―泣きに泣く」

[接]前述の事柄に対して、条件をつけたりその一部を保留したりするときに用いる。ただし。「出かけていい。―、昼までには帰るように」

出典:gooニュース

出典:青空文庫