綿などを丸めて皮や布で包んだもの。けいこ用の槍の頭につけたり、拓本をとるとき墨を含ませたりするのに用いる。

[名](スル)
  1. 将来生じるかもしれない不利益に対して、それを補うことを保証すること、または保証するもの。抵当。「土地を担保に入れる」

  1. 債務者債務を履行しない場合に備えて債権者に提供され、債権弁済を確保する手段となるもの。物的担保人的担保とがある。

  1. (特に、物品などの形 (かた) を取らないで)その事を保証するもの。「消費者保護実現の担保はない」「法律によって担保する」

唐音

  1. 湯たんぽ 冬》

  1. 京阪地方で、酒を温めるのに用いる、銅・真鍮 (しんちゅう) 製の筒形の器をいう。ちろり。