• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[連語]《副助詞「だけ」+格助詞「に」》
  1. 限定の意を強める。…に限って。「友だち―話す」

  1. …であるから、なおのこと。「期待が大きかった―失望も大きかった」

  1. …であるから、それにふさわしく。「りっぱな人物―多くの人から慕われている」