1. 大地のすみ。遠く隔たった土地の果て。

  1. 岬 (みさき) のこと。地嘴 (ちし) 。

インド‐ヨーロッパ語などにおける文法用語で、格の一。存在や動作の位置・場所(で・において)などの関係を表す格。位格。

6

地球の表層部。モホロビチッチ不連続面までの部分。大陸地域では厚さが平均35キロあり、上部は花崗岩 (かこうがん) 質岩石、下部は玄武岩質岩石からなる。海洋地域では厚さ5~10キロで、玄武岩質岩石からなる。

[名]
  1. 近い所。近辺。「近くにある公園」「近くの商店」

  1. 数詞の下に付いて、それには達しないが、ほぼそれに近いくらい、の意を表す。「三十近くの男」「五時近くに終わった」

[副]近いうちに。遠からず。まもなく。「近く完成の予定です」
[名](スル)
  1. 思慮分別をもって知ること。「物の道理を―する」

  1. 感覚器官を通して外界の事物や身体内部の状態を知る働き。

出典:青空文庫