明治5年(1872)政府が土地所有権の確認と徴税の手段として土地所有者に発行した証書。同22年廃止。

  1. 土地の所有者・面積などを調べること。検地。

  1. 地方検察庁」の略。

  1. 実際に見て知ること。また、見聞して得た知識。「―を広める」

  1. 見解。見識。「―を異にする」

  1. (智見)仏語。事物に対する正しい認識。また、知識によって得た見解。正智見。

中国の官名。の長官。代に創設され、代まで行われた。知県事。

国を治める権利。

「十分に其独立の―を領内に行わしめて」〈田口日本開化小史

  1. 治療のききめ。治療の効験。

  1. 《「治療試験」の略》製薬会社で開発中の医薬品や医療機器を患者や健康な人に使用してもらい、データを収集して有効性や安全性を確認する試験。試験は国の基準を満たした医療機関で行われる。臨床治験。→臨床試験介入研究

仏語。智慧 (ちえ) の剣。智慧が煩悩 (ぼんのう) を断ち、正邪の決断を下すのを剣にたとえていう語。

土地を所有する権利、または借地権地上権など土地の使用収益を目的とする権利。

出典:青空文庫