• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

平安時代、陰暦5月・12月に、囚人に着釱して、検非違使 (けびいし) に笞 (むち) で打つまねをさせた行事。儀式化して江戸時代まで存続。