• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[連語]おはじき遊びなどで、「二 (にい) 四 (しい) 六 (ろく) 八 (やの) 十 (とお) 」と二つずつ数える代わりに唱える言葉。
[補説]「ちゅうじ(重二)ちゅうじ(重二)たこ(蛸)の加え」のなまりといわれる。「ちゅうじ」は「ぢゅうに(重二)」の変化した語で、すごろく用語で4、それを二つ合わせて8、8本足の連想で「たこ」と唱え、さらに2を加えて10となるというもの。