[名]
  1. 2で割り切れる数。偶数。特に、さいころの目の偶数。「丁か半か」⇔

  1. 市街地を分けたもの。町。「銀座八丁」→丁目

  1. 町 (ちょう) 2」に同じ。「頂上まで五丁」

  1. てい(丁)3

  1. ちょうど。まさに。

    1. 「わしは戌で―六十」〈浄・鑓の権三

[接尾]助数詞。
  1. 和装本の裏表2ページをひとまとめにして、それを数えるのに用いる。枚。葉。「五丁の草子」

  1. 豆腐を数えるのに用いる。

  1. 料理・飲食物の一人前を単位として数えるのに用いる。「天丼 (てんどん) 一丁」

  1. 相撲・将棋などで、勝負の取組・手合わせなどの回数を数えるのに用いる。番。

  1. 挺 (ちょう) 

  1. 役人が事務を行う所。また、その建物。役所。官庁。「消防庁」「警視庁」

  1. 国の行政機関の一。府または省の外局として設置される。国税庁文化庁金融庁など。長は長官。

  1. 検非違使 (けびいし) 庁」の略。

  1. 古代の占いで、亀の甲を焼いてできる裂け目の形。転じて、物事が起こる前ぶれ。きざし。しるし。「災いの兆」

  1. 数の単位。1億の1万倍。10の12乗。古くは中国で1億の10倍。「八兆円の予算」

  1. 地方公共団体の一。市と村の中間に位する。まち。「町」を「ちょう」と読む府県と、「まち」と読む都県とがある。

  1. 距離の単位。1町は60間で、約109メートル。丁。

  1. 土地の面積の単位。1町は10段で、3000歩 (ぶ) をいい、約99.18アール。

  1. 江戸吉原のこと。また転じて、遊郭。おちょう。

    1. 「そんなことぁ―で言ひなせい」〈洒・糠味噌汁〉

汗腺または皮脂腺が化膿 (かのう) して、皮膚や皮下の結合組織に生じる腫 (は) れ物。顔面にできたものを面疔 (めんちょう) という。

  1. 多数の人の上に立つ人。かしら。おさ。「一家の長」

  1. としうえ。年長。「三年の長」

  1. すぐれていること。すぐれている所。長所。「一日 (いちじつ) の長」⇔

  1. 帳面。帳簿。「雑記帳」

    1. 「節季に―かたげた男の貌を見ぬを」〈浮・永代蔵・二〉

  1. 部屋の仕切り、また、目隠しのために垂らす布帛 (ふはく) 。とばり。たれぎぬ。

  1. 帳台1」に同じ。

    1. 「寝殿の東面に―たてて」〈大鏡・二・実頼〉

[名]二十八宿の一。南方の第五宿。海蛇座の一部にあたる。ちりこぼし。張宿。
[接尾]助数詞。
  1. 弓・琴など、弦を張ったものを数えるのに用いる。

    1. 「弓は一人して二―三―、矢は四腰五腰も用意せよ」〈盛衰記・二二〉

  1. 幕や蚊帳 (かや) など、張りめぐらすものを数えるのに用いる。

    1. 「幕一―」〈延喜式・大蔵省〉

  1. 紙や皮などを数えるのに用いる。

    1. 「懐の中より一―の文書を抜き出でて」〈今昔・六・四一〉

鰓尾 (さいび) 目チョウ科の甲殻類。体は円盤形で、体長4ミリほど。腹側にある吸盤でコイ・フナなどに付着して体液を吸う。

  1. あさ。あした。

  1. 朝廷。

  1. 一人の君主が国を治めている期間。また、ある系統の君主たちの治めていた期間。御代 (みよ) 。御宇 (ぎょう) 。「桓武の朝」「ビクトリア朝」

  1. 君主が治めている国。

    1. 「―の政をつかさどり」〈平家・二〉

  1. 人の集まる所。にぎやかな所。まちなか。

    1. 「かだましきも―にあって罪ををかす」〈平家・六〉

  1. 文字を書き記す札。簡札。

  1. 律令時代の公文書の形式の一。主典 (さかん) 以上の官人が諸司に出すもの。また、所属系統の異なる官庁や機関の間で交わす文書。

  1. 文書による通告。また、その文書。

    1. 「各兵を出して―を通はす」〈今昔・二五・三〉

消化管の主要部分の一。胃の幽門に続き、肛門 (こうもん) に至る。小腸(十二指腸・空腸・回腸)と大腸(盲腸・結腸・直腸)。食物の消化および吸収を行う。腸管。

  1. 物事の起こる前ぶれ。きざし。前兆。徴候。「衰微の徴」

  1. 人を召し出すこと。召し。「徴に応じる」

  1. 金品を取り立てること。供出させること。「徴を課す」

中国、戦国時代の国。戦国七雄の一。の大夫の趙氏が氏・氏とともに晋を滅ぼし、その領土を3分して独立。前403年、諸侯に列せられ、現在の山西省北部、河北省東部を領有。都は晋陽(太原)、のち邯鄲 (かんたん) 。武霊王の時に最も栄えたが、前222年、に滅ぼされた。

  1. 鱗翅 (りんし) 目のうち、アゲハチョウ上科・セセリチョウ上科に属する昆虫の総称。色彩に富む二対の翅 (はね) をもち、らせん状の口吻 (こうふん) を伸ばして花蜜や樹液を吸う。触角は棍棒 (こんぼう) 状または鉤 (かぎ) 状。日中に活動し、止まるときは翅を立てる。繭 (まゆ) はふつう作らない。日本には約260種が知られる。胡蝶。ちょうちょう。ちょうちょ。 春》「―の飛ぶばかり野中の日影かな/芭蕉

  1. 紋所の名。1を図案化したもの。

  1. 律令制下の基本的物納租税の一。大化の改新では田の面積および戸単位に、大宝律令では人頭税として課せられ、諸国の産物(絹・綿・海産物など)を納めたもの。庸 (よう) とともに都に運ばれ国家の財源となった。みつぎ。→租 (そ) 

  1. 西洋音楽で、楽曲の旋律や和声を秩序づけている、ある主音主和音を中心に組み立てられた音の体系。用いられる音階が長音階短音階かによって長調短調に分けられ、おのおのの調はその主音の名をとってハ長調・イ短調のようによばれる。

  1. 日本の雅楽で、主音の音高を表す。黄鐘 (おうしき) 調壱越 (いちこつ) 調など。

  1. 双六 (すごろく) で、二つの采 (さい) に同じ目が出ること。

  1. (接尾語的に用いて)調子のこと。「七五調」「浪曲調」「ピカソ調」

特別にかわいがること。また、非常に気に入られること。寵愛。「主君の寵をほしいままにする」

[接頭]名詞に付いて、程度が特に普通以上であること、また、普通をはるかにこえたものであることを表す。「超満員」「超音速」
[補説]俗に「超きれい」「超むかつく」などと副詞的にも用いられる。
[接尾]助数詞。
  1. 銃・槍 (やり) ・鋤 (すき) ・鍬 (くわ) ・艪 (ろ) ・ろうそく・墨・三味線など、細長い物を数えるのに用いる。

  1. 輿 (こし) ・駕籠 (かご) ・人力車など、乗り物を数えるのに用いる。

  1. 酒・醤油などの樽を数えるのに用いる。

[接尾]助数詞。調合して包んだ薬などを数えるのに用いる。服。
  • 「当帰連翹飲などを二三―進じましたい」〈浮・色三味線・五〉
[連語]《格助詞「と」に動詞「い(言)う」の付いた「という」の音変化》…という。主に平安時代に入ってから和歌に用いられた。→ちゅうとう
  • 「忍ぶれば苦しきものを人知れず思ふ―こと誰に語らむ」〈古今・恋一〉

てい

出典:gooニュース

出典:青空文庫