江戸時代の大道芸・門付け芸で、願人 (がんにん) 坊主などが錫杖 (しゃくじょう) ・鈴などを振りながら、祭文 (さいもん) 風の歌をうたって米銭をこうたもの。江戸でいい、大坂では「ちょんがれ」といった。ちょぼくれちょんがれ。