[名]
  1. 《芝居の終わりに打つ拍子木の音から》物事の終わること。「その問題はこれでちょんだ」

  1. 免職になること。くび。

  1. しるしにつける点。ちょぼ。「文中にちょんを打つ」

  1. 俗に、頭の悪いこと。また、おろかなこと。

    1. 「ばかだの、―だの、野呂間だのと」〈魯文西洋道中膝栗毛

[副]
  1. 拍子木の音を表す語。また、拍子木を打つさま。「ちょんと柝 (き) がはいる」

  1. 刃物などを用いて一気に切るさま。「花の茎をちょんと刈り取る」

  1. 動作が敏捷に行われるさま。「石垣にちょんと飛びのる」「文鳥が肩にちょんと止まる」

  1. 力を入れずに軽く物事を行うさま。「紙飛行機を指でちょんと飛ばす」

出典:青空文庫