《「端 (つま) 」の意》

  1. 夫婦や恋人が、互いに相手を呼ぶ称。

    1. 「吾 (あ) はもよ女 (め) にしあれば汝 (な) を置 (き) て男 (を) はなし汝を置て―はなし」〈・上・歌謡〉

  1. 動物のつがいで、互いの相手。

    1. 「下辺 (しもへ) にはかはづ―呼ぶ」〈・九二〇〉

  1. 鹿と萩、秋風と萩など、関係の深い一組のものの一方をいう語。

    1. 「小牡鹿 (さをしか) の―にすめる萩の露にも」〈・匂宮〉

つめのこと。多く名詞や動詞の上に付けて用いる。「爪先」「爪弾く」

「―覚えて調べられたる御琴どもかな」〈宇津保・俊蔭〉

《「夫 (つま) 」と同語源》

  1. 配偶者である女性。「妻をめとる」「糟糠 (そうこう) の妻」⇔

    1. ㋐刺身や吸い物のあしらいに用いる野菜や海藻。つまもの。「刺身の妻」

    2. ㋑主となるものに添えるもの。「話の妻にされる」

[補説]書名別項。→

《着物の「端 (つま) 」の意》

  1. 長着の裾 (すそ) の左右両端の部分。また、竪褄 (たてづま) (襟下)のこと。

  1. 長着の袷 (あわせ) 綿入れ褄先にできる丸みの部分。

[補説]「褄」は国字。
  1. 物のはしの部分。へり。

    1. ㋐建物の長手方向の端部で、と直角をなす壁面。妻壁。⇔平 (ひら) 

    2. 切妻 (きりづま) 入母屋 (いりもや) の屋根の側面の三角形の壁面。

  1. 物事のいとぐち。てがかり。端緒。

    1. 「なかなか物思ひの―なるべきを」〈・須磨〉

北原武夫の小説。昭和13年(1938)発表。同棲中に死んだ妻をめぐる新心理主義風の作品。