• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

世俗の雑事を避けて、余裕のある気持ちで人生をながめ、東洋的な詩歌の境地に遊ぼうとする態度。夏目漱石高浜虚子の小説「鶏頭」の序文で提唱した語。→余裕派

[文学/明治以降の文学]カテゴリの言葉