手医者 (ていしゃ) 」に同じ。

「明日、―何某といへる者、千寿骨ヶ原にて腑分けいたせるよしなり」〈蘭学事始

  1. でし(弟子)」に同じ。

    1. 「師に渥 (あつ) きは―の分」〈漱石虞美人草

  1. 年の若い者。年少者。

[名](スル)行きつくところまで行って止まること。
  • 「甲論乙駁、きょう此頃に至るまでも、曽て―する所を知らず」〈逍遥小説神髄
[名](スル)
  1. 動いていたものが途中で止まること。また、止めること。「心臓の鼓動が停止する」「車を停止する」

  1. していたことを一時やめること。また、差し止めること。「作業を停止する」「営業停止処分」

  1. 骨格筋の端が骨などに付着する場所で、体の中心から遠い方、またはその筋肉が収縮したときに大きく動く方をいう。また、筋肉がそこからもう一方の端に向かって伸びていること。「大腰筋は大腿骨に停止する」→起始

はしご。

[名](スル)目を細めて見ること。また、横目で見ること。
  • 「林の奥に座して四顧し、傾聴し、―し、黙想す」〈独歩武蔵野

中国宋代の兄弟の儒学者、程顥 (ていこう) 程頤 (ていい) の尊称。二程子。

[名](スル)じっと見つめること。見きわめること。諦観。
  • 「無視していた現実を新たに―することによって」〈島木健作・続生活の探求〉