• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 手裏剣のように敵に投げつける武器。総体が矢の形で、長さ40センチほどの竹または木の細い棒の先端に10センチくらいの鏃 (やじり) を付け、矢羽をつけて一端に緒を結んだもの。

  1. 手に持った矢。

    1. 「蔀 (しとみ) の下がはと突き落とし、―取りて差し矧 (は) げ申しけるは」〈義経記・六〉

[連語]

《接続助詞「て」+間投助詞「や」。近世語》他に対する願望を表す。…ておくれ。…てよ。
    1. 「駕籠 (かご) の衆早う連れまし―」〈浄・博多小女郎

《終助詞「て」+間投助詞「や」。近世語》軽く念を押す意を表す。…よ。…ね。
    1. 「このやうなことで普請がなけりゃ、こちとが中間 (なかま) も立たぬ―」〈浄・兜軍記