自然に生じること。生まれつき。天賦。「天生の美貌」

  1. 自然の力でできあがっていること。「天成の要害」

  1. 生まれつき。「天成の詩才」

  1. 天が人に伝える声・言葉。天の声。「天声人語」

  1. 雷鳴。転じて、大声。また、名声。

《古くは「てんぜい」とも》天から授けられた性質。また、生まれつきそのようであること。副詞的にも用いる。天資。天質。「好奇心の強いのは天性だ」「天性明朗な人」

《「睛」は瞳 (ひとみ) の意》瞳を描き入れること。また、最後に付け加える最も重要な点のたとえ。→画竜 (がりょう) 点睛

物質が圧力や打撃によって、破壊されることなく薄い箔 (はく) に広げられる性質。金・銀・錫 (すず) ・アルミニウムなど、一般に柔らかい金属がこの性質に富む。→延性

てんしょう(転生)」に同じ。

[名](スル)ある物が性質の違った別の物に変わること。「動詞から転成した名詞」

土星の異称。

出典:青空文庫