• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《近世語》

[名・形動]つんつるてん」に同じ。
    1. 「―の古ゆかたもよほど育ったと見えて」〈滑・浮世風呂・四〉

[副]三味線の音を表す語。
    1. 「歌や三味線―、―と浮かれ立ち皆皆、奥へ入にけり」〈浄・義仲勲功記〉