酒づくりの職人の長。また、その職人。さかとうじ。とじ。

二十四節気の一。太陽の黄経 (こうけい) が270度に達する日をいい、太陽暦で12月22日ごろ。太陽の中心が冬至点を通過する。北半球では一年中で昼がいちばん短く、夜がいちばん長くなる日。この日にはゆず湯に入ったり、地方によってはカボチャを食べたりする風習がある。 冬》「山国の虚空日わたる―かな/蛇笏」⇔夏至 (げし) 

その事柄に直接関係すること。

  1. 過去のある時点、ある時期。その時。そのころ。「当時を思い出す」「当時はやった曲」「終戦当時」

  1. 現在。いま。

    1. 「―人心の未だ一致せざるを匡済するに」〈陸羯南・近時政論考〉

教王護国寺の異称。→西寺

人の死を悲しみいたむ言葉。弔辞 (ちょうじ) 。

[名](スル)温泉に入って病気などを治療すること。「術後に温泉場で湯治する」

祝辞・送辞などに対する答礼として述べる言葉。

[名](スル)とうち(統治)

正業を忘れて、酒色にふける者。放蕩むすこ。遊蕩児。蕩子 (とうし) 。

[副]すぐに。即座に。もと、軍隊でも用いられた。

出典:青空文庫