• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[副]

  1. それはさておき。いずれにしても。とにかく。「―ここまでこぎつけた」

  1. 何やかやと。あれこれと。

    1. 「―そらごと多き世なり」〈徒然・七三〉

[補説]「兎にも角にも」とも当てて書く。