• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

モクセイ科の落葉高木。本州中部以北の山地に自生。葉は長卵形の小葉からなる羽状複葉。雌雄異株で、春、葉より先に淡緑色の小花を円錐状につけ、長い翼のある実を結ぶ。田のあぜなどに稲架 (はさ) 木として植えられ、材は家具・スキーなどに用いる。さととねりこ。

[生物/植物名]カテゴリの言葉