• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

とい」の音変化。

[語素]格助詞「の」を伴って連体詞のように用いるほか、名詞、時に動詞の上に付いて複合語をつくる。十分に満ち足りていること、豊かなことを表し、ほめる意を添える。「―の年」「―の明け」「―あしはら」「―御酒 (みき) 」
[連語]《格助詞「と」+間投助詞「よ」》
  1. (多く「だとよ」の形で)他から伝え聞いた意を表す。揶揄 (やゆ) する意を含むこともある。…ということだよ。…だそうな。「夜中に地震があったんだ―」

    1. 「あれは鶴賀新内の元祖の家元だ―」〈滑・浮世風呂・四〉

  1. 「と」の上の引用の内容に対して、念を押す意を表す。…ということだよ。…と思うよ。

    1. 「やよやまて山ほととぎすことづてむわれ世の中にすみわびぬ―」〈古今・夏〉

  1. (「かとよ」の形で)不確かな断定を表す。…と思うがなあ。…だろう(か)。

    1. 「また、同じころか―、おびたたしく大地震 (おほなゐ) ふること侍りき」〈方丈記

  1. 感動・詠嘆を表す。…ということよ。

    1. 「さま悪 (あ) し―。さまであるべきことか」〈宇治拾遺・一〉