• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸両国で興行された見世物の一。三尊仏・不動明王・鬼などを乾魚や乾大根で細工し見世物としたもの。転じて、とんだこと、の意にいう。

「ぬしは―だね」〈洒・広街一寸間遊〉