• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[副]

  1. 刃物の鋭利なさま。

    1. 「触れて行くものは、忽ち両断されて了いそうな、―した刃 (やいば) が」〈里見弴・大道無門〉

  1. うろたえ、あわてるさま。どぎまぎ。

    1. 「上人―し給ひ」〈浄・義経東六法〉