動作・性質・状態などにおいて、互いに共通点を持っている人。同じ仲間。名詞の下に付いて、接尾語的にも用いる。

「君が家に植ゑたる萩の初花を折りてかざさな旅別る―」〈・四二五二〉

「男―は、心やりにやあらむ、詩 (からうた) などいふべし」〈土佐
[代]《「いづち」の音変化》不定称の指示代名詞。どっち。どちら。
  • 「皆々―へおぢゃる」〈虎明狂・悪坊〉

出典:青空文庫