• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[副]不意の出来事に対して、動悸 (どうき) が激しくなるほど強くおそれたり驚いたりするさま。
    1. 「ええまたかと思わず―胸も裂けそうに」〈露伴五重塔

[名]人を驚かせること。また、その企て。「どっきりを仕掛ける」