[形動]

  1. はっきりしないそのものの状態・性質・程度などを想像しようとするさま。「―人が来るのだろう」「―にかうれしかったろう」「―ものをお探しですか」

  1. 物事の状態・性質・程度などに左右されないさま。「―物でも買い取る」「―に悲しくとも泣かない」

[補説]連体形に「どんな」「どんなな」の二形がある。連体形として一般には「どんな」の形が用いられるが、助詞「の」に続くときなどは「どんなな」の形が用いられる。「通信事情が悪いので、今の状況がどんななのか、よくわからない」

《女性の意》服飾などで、女性用・女物の意味に用いる語。→ウオモ

出典:青空文庫