• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[副]《「なにと」の音変化》なぜ。どうして。
[副助]《副助詞「なんど」の音変化》名詞、活用語の連用形、一部の助詞などに付く。
  1. 一例を挙げ、あるいは、いくつか並べたものを総括して示し、それに限らず、ほかにも同種類のものがあるという意を表す。…なんか。「赤や黄―の落ち葉」「寒くなったのでこたつを出し―する」

    1. 「よき程なる人に成りぬれば、髪上げ―さうして」〈竹取

  1. ある事物を例示し、特にそれを軽んじて扱う意を表す。否定的な表現の中で多く使われる。…なんか。…なんて。「わたしのこと―お忘れでしょう」「金―いるものか」

  1. 婉曲に言う意を表す。…でも。…なんか。「お茶―召しあがりませんか」「今インフレに―なったら大変だ」

    1. 「そこ近くゐて物―うち言ひたる、いとをかし」〈・四〉

  1. (引用句、または文を受けて)それが大体の内容であることを表す。…というようなことを。「断る―とは言っていられまい」→なぞ(副助)なんぞ(副助)なんか

    1. 「心あてに、それか、かれか、―問ふなかに」〈・帚木〉

出典:gooニュース