古くは、魚・貝・獣などの生肉を細かく刻んだもの。のちに、魚・貝や野菜などを刻んで生のまま調味酢であえた料理をさす。

[動サ五(四)]

  1. 焼いた鋼を水やぬるま湯に入れて硬度を高める。「刃物を―・す」→にらぐ

  1. 高温で熱した鉄材などをゆっくりと冷やす。焼き鈍 (なま) しをする。「鉄線をー・す」→焼き鈍し

[助動][なませ|なまし|なます|なます|なますれ|なませ]《「なさいます」の変化形「なはいます」「なはます」の音変化。近世後期の遊里語》動詞の連用形に付いて尊敬の意を表す。…なさいます。
  • 「お家さんの傍 (ねき) に立って居なます嬰児 (いと) さんを見いな」〈滑・浮世風呂・二〉

出典:gooニュース