[副助]《代名詞「なに」に副助詞「ぞ」の付いた「なにぞ」の音変化》名詞、名詞に準じる語、活用語の連用形、一部の助詞などに付く。ある事物を例示する意を表す。など。「お茶なんぞ飲んでいきましょうよ」「病気なんぞしてたまるか」
[補説]「なんぞ」は中世後期以降用いられ、現代語では、「なぞ」「なんか」と同じく、くだけた表現に用いられる。
[連語]
  1. 《代名詞「なに」に副助詞「ぞ」の付いた「なにぞ」の音変化》

    1. ㋐漠然と物事をさす。なにか。「何ぞおもしろいことはないか」「何ぞ用でもあるのか」

    2. ㋑(下に助詞「の」を伴って)どんな。どういう。

      「汝は―の人ぞ」〈宇津保・俊蔭〉

  1. 《代名詞「なに」に係助詞「ぞ」の付いた「なにぞ」の音変化》どういうものか。何物か。何事か。なにか。「人生とは何ぞや」

    1. 「上たち聞きつけさせ給ひて、―と問はせ給ふ」〈宇津保・楼上下〉

[副]
  1. なぜ。どうして。

    1. 「―今一人はゐて来たらぬぞ」〈今昔・七・四六〉

  1. 反語の意を表す。どうして…か、いや、そうではない。

    1. 「この経―必ず法華経の序たるべき」〈今昔・七・一三〉

出典:青空文庫