なみだ」の音変化。

「熱い―は思わず知らず流れ落ちて」〈藤村破戒

[助動][なんだら|なんで(なんだり)|なんだ|なんだ(なんだる)|なんだれ|○]動詞型活用語の未然形に付く。過去の打消しの意を表す。なかった。
  • 「売薬の外は誰にも逢わなんだことは」〈鏡花高野聖
「実否ヲ未ダ決シサセラレナンダレバ」〈天草本伊曽保・イソポが生涯〉
「物しったり物しらなんだり、物しり物しらずさ」〈滑・浮世床・初〉
[補説]語源は未詳。打消しの助動詞「ぬ」に「あった」の付いた「ぬあった」の音変化とみる説や、打消しの「なん」に過去の「た」が付いた助動詞からとする説など、諸説がある。室町時代から江戸後期まで用いられたが、江戸末期からは「なかった」がそれに代わった。現在では、主に関西方言に行われる。
[連語]なのだ[連語]
[連語]《「だ」は断定の助動詞》
  1. 疑問を表す。「あの音は何だ」「それが何だというんだ」

  1. 直接言うのがはばかられたり、適当な言い方が見つからなかったりする場合に、代わりに用いる語。「自分で言うのも何だが、僕ならできる」「つまりは、何だ、もうやめたいということか」

  1. 感動詞的に用いて、意外なことにあきれたり、がっかりしたりする気持ちを表す。「何だまだ終わらないのか」「何だ君か」

  1. 話題にする事柄がたいしたことではないという意を表す。「地位が何だ、金が何だ」「何だ、こんな傷ぐらいで大騒ぎするな」

出典:gooニュース

出典:青空文庫