• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[連語]

《断定の助動詞「なり」の連用形+係助詞「や」》
    1. ㋐文中にあって連体形の結びを伴う用法。…で…か。

      「朝夕の宮仕へにつけても、人の心をのみ動かし、恨みを負ふつもり―ありけむ」〈・桐壺〉

    2. ㋑文末にあって結びを伴わない用法。…なのか。

      「あやし。ひが耳―」〈・若紫〉

  1. 軽く詠嘆的に言い切る意を表す。

    1. 「さもあるべき事―」〈奥の細道

[補説]1㋐は下に「あらむ」「あるらむ」「ありけむ」などを伴うことが多い。2は江戸時代の用法。
《格助詞「に」+係助詞「や」》疑問・反語の意を表す。…に…か。
    1. 「そなた―まゐり来 (く) べき」〈かげろふ・下〉