• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[枕]鵼鳥がもの悲しく、人を恋い慕うように鳴くところから、「のどよふ」「うら嘆 (な) く」「片恋」に掛かる。
  • 「―うら嘆けしつつ」〈・三九七八〉