水中に張り出した岩礁。根。

(西日本一帯で)南または南寄りの風のこと。 夏》

  1. 照り輝くこと。また、見た目にりっぱであること。他の語と複合するときは、一般に「ばえ」となる。「夕―」「着―」

    1. 「月もひときは―あるやうにて」〈笈日記

  1. (栄え)輝かしい名誉。ほまれ。光栄。「―ある優勝を手にする」

やぶれこわれること。やぶりこわすこと。はかい。

「御所の―したるを修理 (しゅり) して」〈平家・六〉

木材や米俵などを積み重ねたもの。

「俵の―に寝腹ばひ」〈浄・仏御前〉

オイカワの別名。また、ウグイの別名。 春》「―つるやゆらぐ筏を踏みわたり/素十

双翅 (そうし) 目イエバエ科および近縁の科の昆虫の総称。体長約1センチ。翅 (はね) は、後ろ翅が退化して棒状となっているため、一対。体は黒色・褐色で、頭部に大きな複眼と3個の単眼があり、触角は短い。幼虫は蛆 (うじ) 。イエバエクロバエショウジョウバエなどがあり、消化器伝染病を媒介する。はい。 夏》「やれ打つな―が手をすり足をする/一茶

[補説]作品名別項。→
《原題、(フランス)Les Mouchesサルトルの戯曲。3幕。1943年、ドイツ占領下のパリ市立劇場サラベルナール座にて初演。ギリシャ神話のエレクトラオレステスの物語を下敷きにした作品。
横光利一の短編小説。大正12年(1923)「文芸春秋」誌に発表。

出典:青空文庫