1. 仕事などの進みぐあい。やりおえた量。

  1. 田植え・稲刈りなどのとき、当てられた分担の区画。

    1. 「秋の田の穂田の刈り―か寄り合はばそこもか人の我 (わ) を言 (こと) なさむ」〈・五一二〉

  1. 目当て。あてど。

    1. 「からをだにうき世の中にとどめずはいづこを―と君もうらみむ」〈・浮舟〉

《「瓜」の字を縦に二分すると二つの八の字になるところから》

  1. 8の2倍で、女性の16歳のこと。

  1. 8の8倍で、男性の64歳のこと。

  1. 性交によって処女膜が破れること。

遺体・遺骨を埋葬した場所。また、そこに記念のために建てられた建造物。塚。「墓に詣でる」

[係助]《「ほか(外)」の音変化。近世上方語》名詞、種々の助詞に付く。下に打消しの語を伴って、ある事柄・状態に限定する意を表す。…だけ。…きり。…しか。
  • 「張り合はして見ると二十五年に―ならんわい」〈滑・浮世風呂・四〉
[接尾]状態を表す名詞や形容詞語幹などに付いて、形容動詞の語幹をつくる。そのようなさまという意を表す。「あてはか」「あさはか」
  1. マオリ族の民族舞踊。もとは戦闘に際して、味方の士気を高めたり相手を威嚇したりするために踊られた。現在では結婚式や葬儀などでも披露される。

  1. ラグビーで、オールブラックス(ニュージーランド代表チーム)が行うウオークライのこと。

出典:gooニュース