ななめ。はすかい。「道を斜に横切る」

《「はちす」の音変化》スイレン科の水生の多年草。根茎は節が多く、晩秋に末端部が肥厚し、蓮根 (れんこん) といい、食用。葉は円形で長い柄をもち水上に出る。夏、水上に花茎を伸ばし、紅・淡紅・白色などの大きな花を開く。花のあと、花托 (かたく) が肥大して逆円錐状になり、ハチの巣のような穴の中に種子ができ、食用。インドの原産で、古く中国から渡来し、池・沼などに栽培される。蓮華 (れんげ) 。 花=夏 実=秋》「夜の―に婚礼の部屋を開けはなつ/誓子

  1. コイ科の淡水魚。全長約30センチ。オイカワに似るが、口が「へ」の字形で大きく、小魚や昆虫を捕食。琵琶湖淀川水系、福井県の三方湖木曽川利根川水系などに生息。食用。けたばす。はそ。 夏》

  1. 大阪地方で、オイカワの別名。

[動サ変]

  1. 破る。こわす。

    1. 「不吉祥を―・して吉祥と成しぬ」〈今昔・一・六〉

  1. 他の説を言い破る。論破する。

    1. 「邪見を―・すべし」〈三帖和讃〉

[動サ下二]はせる」の文語形。