簗 (やな) の一種。竹の簀 (す) などを陸のほうをあけて半円形に立て並べ、満潮のときに入って干潮のとき逃げられなくなった魚を捕る。

スズキ目ハゼ亜目の魚の総称。淡水・河口から潮間帯・沿岸まで分布し、水底にすむ。多くは全長約20センチ。体は細長く、目が頭上部に並び、左右の腹びれが癒合して杯状をなすものが多い。ハゼ科の魚にはムツゴロウヨシノボリチチブウキゴリシロウオなどがあるが、特にマハゼをさす。 秋》

ハゼノキの別名。 実=秋 花=夏》「―の実のしづかに枯れてをりにけり/草城

もち米を煎 (い) ってはぜさせたもの。江戸時代、年賀の客に出したり蓬莱台 (ほうらいだい) の下に敷いたりした。また、雛の節句の菓子ともした。 新年》

出典:青空文庫